【業界初!ナノ銀配合フロアコーティング】 創業31年グッドライフ 東京,横浜,大阪,福岡にショールーム完備

YouTube FB インスタ LINE
TEL問合せ
お問い合わせ

コラム

コロナウイルス対策・除菌・抗菌には光触媒コーティングがおすすめ

コロナ対策

新型コロナウイルスはどんなに清潔にしていても、どんなに万全な対策をしていても、たくさんの人と接する機会の多い人なら誰でも感染するリスクがあります。

自分がコロナウイルスの感染者となって家族や大切な人に迷惑をかけないためにも、強力な予防策を施す必要があるでしょう。
今回は、強力なコロナウイルス対策法としての「光触媒コーティング」をご紹介します。

光触媒というとあまり聞きなれない言葉ですが、光触媒の技術は多方面の多くの現場で活用されて絶大な効果を上げています。

除菌効果も高く、コロナウィルスを含めた各種ウイルスにも有効とされていますのでご紹介していきます。

光触媒とは

「光触媒」は、光を当てると触媒作用を示す性質があります。
体表的な物質といえば、酸化チタン(TiO2)です。

光触媒の仕組み

光触媒の仕組は、酸化チタン(TiO2)が光を受けることで、付着したウイルスなどの有害物質のみを触媒し、無害な水や二酸化炭素などに分解します。
そのため、対象物に施工することでで光触媒の酸化分解効果により活性酸素が発生し、空気中に舞う菌やコロナウィルスを含めたさまざまなウィルスを瞬時に酸化させ、感染力を奪います。

ちなみに、光触媒をコーティングする際の酸化チタン(TiO2)は、厚生労働省が食品添加物として使用を認めている成分です。

ですので、化学物質と聞いて不安になっている方も、安心してコーティングをすることができます。

光触媒の安全性


光触媒に使われる酸化チタン(TiO2)は厚生労働省が安全性を認めている成分ですが、そのほかにも実験で安全性があることがわかっています。

人体などにも危険を及ぼすことがないので、十分な試験や検査の結果、安全性が確認されています。

光触媒コーティングを施す用途が広く、宿泊施設や電車、公共施設などの人の集まる場所の施工に最適です。

光触媒コーティングの効果

消毒作業
光触媒の効果をまとめると、

  • 抗ウイルス効果
  • 防カビ効果
  • 消臭効果
  • 抗菌効果

があることがわかっています。

それに加えて人体などにも危険を及ぼすことがないので、十分な試験や検査の結果、安全性についてもしっかりと確認されています。

光触媒の抗ウイルス効果は、各種ウイルスを分解できることが主な特徴です。

①抗ウイルス効果

光触媒には、抗ウイルス効果が期待できます。

先述した通り、光触媒は付着したウイルスなどの有害物質のみを触媒し、無害な水や二酸化炭素などに分解します。

実は光触媒の抗ウイルス効果は、コロナウィルスを含めた各種ウイルスを分解できることが主な特徴です。

ウイルスの種類を選ばず、どんなウイルスにも対応できますし、突然変異した新型コロナウイルスなども素早く分解してしまいます。

新型コロナウイルスの消毒では、消毒液を使って消毒を行うことが通常行われていますが、突然変異したウイルスには対応できないこともあります。

そのことからも抗ウイルス効果があることは明らかです。

②防カビ・防菌効果

防カビ・防菌効果も光触媒には備わっています。

ウイルスのほかにも、汚れなどの付着を触媒によって防ぐことができるのが、光触媒の特徴です。

外壁をはじめ、水周りなどカビが生えやすい場所にも光触媒をコーティングすることをおすすめします。

光触媒コーティングの場合は、コーティング表面に対して有効な効果を発揮できるようになっているので、消毒液の種類などに関係なく、光触媒コーティングを施しているだけで、優れた抗菌・除菌効果を発揮できることがわかっているのです。

③防臭効果

光触媒は、室内に漂う生活臭やタバコや生ごみによる悪臭など気になるニオイも分解する効果があります。
室内の臭いを防臭スプレーなどで臭いを上書きするのではなく、「臭い」そのものを分解してくれるので、臭いを気にすることなく快適に生活できます。

また家の周りのニオイも洗浄してくれるのが特徴です。

コロナウィルスにも光触媒コーティングがおすすめ!


コロナウィルスの影響により手洗いはもちろんのこと、周囲の物へのアルコール除菌を念入りに行っている方も少なくないでしょう。
毎日手や身体、物、壁、床などに気を遣ってウィルスメンテナンスを行うことは手間も時間もかかりますよね。
コロナウィルスを含むウィルス除菌を長期間持続させたい方には、「光触媒コーティング」がおすすめです。

前述したように、光触媒コーティングには「抗ウィルス効果」があります。
そのため、対象物に施工することで光触媒の酸化分解効果により活性酸素が発生し、空気中に舞う菌やウィルスを瞬時に酸化させ、感染力を奪います。
実際に「公立大学法人奈良県率医科大学医学部微生物感染症講座」では、光触媒コーティングの不活化効果を検証する試験を行っています。
試験では、一般的にどこにでもある1000luxの白色蛍光灯により可視光照射をしたところ1時間で99%のコロナウイルス、2時間では検出限界以下の99.99%以上のウィルスが減少していることを発表しています。

また、試験結果では、光触媒コーティングの弱点と言える「暗所」でも効果が発揮されることも確認されています。
特にハイブリッド光触媒GLコートは、光触媒とナノ銀(ナノシルバーコロイドTSSC)の2大反応なので、日中だけではなく、暗い場所や消灯後でも空気に反応して効果を発揮します。

光触媒コーティングは、コロナウィルスへの抗菌対策以外にも防カビやVOC(群発性有機化合物)除去、消臭などさまざまな効果があります。
加えて、蛍光灯、LEDなどの照明や光がない夜間でも菌をきちんと吸着してくれるので、コロナ対策のひとつとして取り入れてみるのもおすすめです。

光触媒をコーティングするメリット

除菌をしている人

①防汚(セリフクリーニング)できる

光触媒のコーティングを施すと、防汚効果を得られます。

光触媒のコーティングをした場所はセリフクリーニングと呼ばれる機能を発揮し、汚れを分解するとともに帯電防止機能で汚れを寄せ付けません。そして酸化分解により、簡単に汚れを落ちやすくするため、湿気で発生したカビにも効果を発揮します。

汚れたとしても、その汚れは分解するがゆえに防汚効果は長持ちします。

②空気がきれいになる

光触媒は空気清浄機能が備わってニオイを洗浄するがゆえに、コーティングを施した周りは空気がきれいになります。
先述した通り、光触媒をすることでニオイも分解します。
さらに、光触媒コーティングは、光が照射することで空気中に舞う水分がコーティング剤の表面と汚れの間に張り込み、汚れを浮き上がらせます。そのため、壁紙に付着したタバコによるヤニ汚れにも効果を発揮します。

住宅の中も外も、空気がきれいだと過ごしやすいですよね。

③効果が長持ちする

光触媒は、一度コーティングを施すと長持ちするのがメリットです。

最長で20年と言われているものもあります。

新型コロナウイルスの感染の観点からも、光触媒は注目をされていますが、光触媒は住宅にとって良い効果を発揮します。

一度コーティングをして光触媒の効果が長持ちするのは、経済的なことを考えても嬉しいですよね。

また塗りなおしのことを考えても、光触媒は経済的なのです。

光触媒はどこにコーティングできるの?


光触媒は、内装のコーティングや屋根外壁などの塗料にも応用されており、各種さまざまな効果を上げています。

①内壁

住宅やオフィス、飲食店などの内壁に光触媒をコーティングする方が多くいらっしゃいます。

光触媒はすでに実用化されている優れた材料としても知られ、新型コロナウイルス対策では、太陽光下よりも日常で使用する明かりや照明での触媒効果があることが特徴です。

蛍光灯やLEDなどの人工的な照明による明かりであっても、除菌や抗菌などの効果が得られるように酸化チタン以外のさまざまな物質が加えられています。

コーティングを施す必要はありますが、先述した通り「一度コーティングすると長期的に利用でき、効果が持続すること」がわかっています。

屋内での使用にあたっては、コーティングが剥がれることが少ないので、寿命も長くなり、初期費用は少し高くなっても、高い光触媒効果が持続します。

かかるコストなどを総合的に考えると、他の製品よりも優れた除菌・抗菌効果があり、メンテナンスに関するコストなども抑えることが可能です。

運用にあたり、特殊な機器や電力を消費する機械などもないので、いつも清潔でクリーンな状態で使えるというのが大きなメリットの一つでしょう。

②水周り

光触媒は水周りにコーティングするのもおすすめです。

キッチンやトイレ、浴室などはカビが生えやすく、菌やニオイも気になる場所です。

光触媒には、先述した通り、防カビ・防菌・防臭の効果があります。

水周りに光触媒をコーティングすると、光触媒の効果を実感できながら、水周りのメンテナンスの手間などを省くほか、人体への健康に対してもメリットを感じることができますよ。

③ドアノブ

昨今のコロナウイルスの影響でドアノブをはじめとする、人が多く触れる場所に光触媒のコーティングをする場合もあります。

コロナウイルスをはじめとする、ウイルスの感染対策は万全にしたいものの、ドアノブなど人が多く触れる場所を何度も消毒するのは、困難であると感じる人も少なくありません。

そこでおすすめなのが光触媒のコーティングです。

光があたる場所であれば、光触媒の効果を得ることができます。

光触媒は抗ウイルス効果があるがゆえに、人が多く触れる場所にコーティングすることは、感染症対策の側面からもおすすめです。

④外壁

実は外壁にも光触媒のコーティングは使用できます。

光触媒は抗ウイルス効果のほかにも、防汚効果や空気清浄機能があります。

ですので、外壁に光触媒のコーティングを施すことで、光触媒の効果を存分に発揮できます。

また効果も長持ちする点においても、外壁へのコーティングはおすすめです。

グッドライフの【ハイブリッド光触媒GLコート】


グッドライフのハイブリッド光触媒GLコートは、新型コロナウイルスの集団感染リスクの低減に大いに役立ちます。

  • 集団感染リスクの低減
  • 抗菌・抗カビ効果
  • 空気の浄化
  • 汚れ防止効果

上記の効果が確認されています。

マスクや消毒だけでは、感染のリスクを下げることはできずに不特定多数の人が出入りする病院や学校、飲食店、商業施設などでは、広範囲のウイルスやカビに対応した光触媒コーティングが求められます。

そこで、グッドライフのハイブリッド光触媒GLコートが大きな注目を浴びています。

光触媒コーティングすることにより、高い抗菌・防カビ効果、空気の浄化作用、汚れ防止機能などにより、いつまでも清潔な建物や施設を長期間維持することが可能です。

グッドライフのハイブリッド光触媒GLコートは、通常の光触媒によるコーティングよりも抗菌・防カビ効果が優れており、光の弱い場所や蛍光灯・LED照明などのわずかな光でも、化学反応を起こせるようになっており、どんな場所であっても光触媒の高い抗菌・防カビ効果が得られます。

光触媒によるコーティングを施すことで、メンテナンスコストが上がるようなこともなく、いつまでも清潔でクリーンな環境ときれいな空気により、各種ウイルスや細菌による疾病の感染の拡大を防ぐことがわかっています。

まとめ

新型コロナウイルスや各種ウイルス対策にも有効なおすすめの光触媒コーティングをご説明しました。

そして、中でもわずかな光の化学反応でも、高い抗菌・防カビ効果を発揮するグッドライフ【ハイブリッド光触媒GLコート】をご紹介しました。

この商品は、期待する高い効果が得られるため、幼稚園、オフィス、飲食店、ジムなどのさまざまな人が集まる場所に施工されています。

施設の安全性や清潔感などもアピールポイントや集客のポイントの一つです。

また、お客様だけではなく、従業員などの働く人の質の向上にも役立つ提案にもなっており、高い評判を得ています。