【業界初!ナノ銀配合フロアコーティング】 創業27年グッドライフ 東京,横浜,大阪,福岡にショールーム完備

FB インスタ Tポイント
0120075707
お問い合わせ

光触媒GLコート

光触媒GLコート

光触媒とは、酸化チタンを触媒として太陽光や蛍光灯などから出る光のエネルギーによって、空気中の水分や酸素から強力な酸化分解力を持つ働きを作り出す作用のことです。

■昨今のウイルス耐性について

抗ウィルス / 抗細菌機能と有する当該特殊化合物を発案開発した博士の考察 :
新型コロナウィルスはインフルエンザウィルスと似た(仲間)構造のウィルスでエンベローブ膜を有する。インフルエンザウィルスに関し当該化合物の不活性効果は既に確認済みであるので、生物学的な見地に立ち考察を行うとすると当該化合物の新型コロナウィルスに対しての不活性効果は非常に高い効果が望めると思われます。

■光触媒GLコートの特徴

1、抗菌・抗カビ効果
既に発生したカビにも効果があります、壁面へ発生したカビの上に光触媒を加工し、細菌やカビの分解・繁殖抑制機能があります。

2、汚れ防止
セルフクリーニング機能
帯電して汚れが付く→帯電防止機能で汚れを寄せ付けない
湿気によるカビの付着→酸化分解により簡単に汚れを落ちやすくする
化学品や熱、酸化による劣化退色→長期の耐久性、耐薬品を持つ

3、集団感染リスクの低減
鳥インフルエンザ菌99.99%減少
菌の死骸から発生する毒素まで分解されることが分かっています。全てのウイルスに対して効果的です。階段の手すりなどよく触れる場所に施工すること感染のリスクを減らします。大人はもちろんのこと免疫力の低い高齢者や小さな子供にも有効です。

4、空気の浄化
ランニングコスト不要
トイレやカーテンなど臭いの気になる場所への施工で消臭効果も得られます。空気清浄機などと違いランニングコストは不要で安心・快適な空間を作り出します。空気浄化性能試験の結果、窒素酸化物の除去性能が認められました。樹木のNO₂(二酸化窒素)吸収量と比較すると光触媒GLコート500㎡=イチョウの木約20本分になります。

 

■光触媒GLコート試験結果報告書一覧

様々な試験を実施し、効果と安全性を証明しました。タイルへのホルムアルデヒド除去性能試験、ポリエステルへの黄色ブドウ球菌・肺炎かん菌への抗菌試験、ポリエステルへのアセトアルデヒド除去性能試験、ガラスへのトルエン除去性能試験、タイルへの黄色ブドウ球菌・大腸菌、タイルへの湿式分解性能の測定、ポリウレタンへの湿式分解性能の測定、アクリルシートへの湿式分解性能の測定、タイルへの水接触の測定、ポリウレタンへの水接触の測定、アクリルシートへの水接触角の測定、ガラスへの窒素酸化物、ガラスへの湿式分解性能の測定、ガラスへの接触角の測定、光触媒工業会のPIAJなどを行っております。

■光触媒のメカニズム

分解力

  1. 光触媒層に光が当たる
  2. 電子と正孔が生じる
  3. 空気中の酸素と電子、水と正孔がそれぞれ反応
  4. 光触媒層の表面にスーパーオキサイドイオンとOHラジカルという分解力を持つ2種の活性酸素を生成

親水性

  1. 光触媒層に光が当たる
  2. 酸化チタンを構成している酸素と空気中の水が反応
  3. 光触媒層の表面に水とのなじみが非常に良い水酸基ができる

防汚機能

  1. 光触媒層に光が当たる
  2. 酸化分解が発生し、汚れの原因となる油分が分解
  3. 雨水や掛け水がかかると汚れが流れ落ちる
  4. 上記によりセルフクリーニング効果を発揮

■屋外での機能

現在の地球環境の実態
大気汚染問題、地球温暖化の原因は工場の排煙や、自動車の排気ガス二酸化炭素(CO₂)など温暖化ガスの急増によるものです。光触媒GLコートは大気中の有害物質であるNoxを吸着し、無害な物質へ変化させます。光触媒GLコート塗布面積25㎡でイチョウの木1本分相当の空気浄化能力があります※JIS測定方法(JIS R1701-1)に基づく窒素酸化物分解能力を環境省マニュアルを参考に数値換算したものです。

■導入・施工事例

ヤフードームや介護老人福祉施設、国土交通省嘉瀬川防災施設 さが水ものがたり館、内科医院などにも採用・施工実績が御座います。

0120075707 0120075707