【業界初!ナノ銀配合フロアコーティング】 創業27年グッドライフ 東京,横浜,大阪,福岡にショールーム完備

YouTube FB インスタ Tポイント
0120075707
お問い合わせ

コラム

フロアコーティングの種類はどんなものがある?

フロアコーティングをした部屋の画像

新居に引っ越した時、リフォームをした後、「床を傷つけたくない」と思っていても、ペットがいる家庭や大きな家具がある家庭ではどうしても床が傷ついてしまいます。

それを防ぐために、フロアコーティングをするご家庭が増えています。

しかしどんなフロアコーティングをすべきなのか、どのタイミングですべきなのか迷ってしまいます。

今回はフロアコーティングの施工タイミングや種類についてご紹介します。
 
 

そもそもフロアコーティングとは?

フロアコーティングをした部屋の画像

フロアコーティングとは、フローリングの床を傷から守るためにコーティングを施すことをいいます。

フロアコーティングの種類は5種類あります。

種類によって効果や耐久の年数などの特徴、費用が異なるため、ご家庭に合うものをフロアコーティングの種類を選択することが可能です。

フロアコーティングはたくさんのメリットがあります。

まずワックス掛けが必要ないことです。

その分お掃除も楽になりますし、床の傷から守られるためペットが傷つけることもありません。

フロアコーティングを施工することにより、清潔さも保つことができるので赤ちゃんがいるご家庭などにもおすすめです。

また光沢があって光を反射するので、光が入りづらく部屋が暗く感じるご家庭にもおすすめです。

さらに種類によっては消臭効果などもあります。

フロアコーティングは自分ではかけることができないため、必ず業者に依頼するようにしましょう。
 
 

ワックスがけとの違い

フローリングにワックス掛けしている写真

フロアコーティングとワックスの最大の違いは、耐久性です。

ワックスはかなりの頻度で塗りなおしをしなければなりませんが、フロアコーティングは種類により耐久の年数は異なるものの、ワックスよりもはるかに高い耐久性を持ちます。

またワックスは剥がすときに水を使いますが、フローリングは水に弱いため、強くおすすめできません。
 
 

フロアコーティングの施工タイミング

フロアコーティングの施工タイミングは家具などを搬入する前、つまり入居前です。

フロアコーティングをするタイミングはベストな時を見計らう必要があります。それはコーティングをした後に乾燥する時間を要するからです。

たいていのフロアコーティングは2~3日乾燥にかかります。

ですが、その分床の仕上がりが違いますので、逆算をして業者に依頼をし、ベストなタイミングでフロアコーティングをしましょう。
 
 

【グッドライフ】のフロアコーティングの種類

①ガラスコーティング(グッドライフコート竹)

グッドライフコート竹の写真

ガラスコーティングと呼ばれるフロアコーティングは、フローリングの風合いを残しながら、光沢をあまり出さずに床を傷つけにくくする種類です。

木の雰囲気が残った自然な仕上がりになります。

ガラスコーティングはペットがいるご家庭におすすめのフロアコーティングです。

ガラスコーティングの特徴は、高硬度(7H)、高耐久(20年程度)、高耐水、耐屈曲性です。

ですので、多少床をペットなどが傷つけてしまっても、目立ちにくいのが嬉しいポイントで、さらに安全性にも優れています。
 

②ハードガラスコーティング(グッドライフコート『クリスタル』)

グッドライフコート『クリスタル』の写真

ハードガラスコーティングは、ガラスコーティングよりもさらに高硬度(8H)の種類です。

その特徴は2層塗りです。2層塗りにすることで、より強力にフローリングと密着します。

それにより高硬度を実現しています。

耐久性はガラスコーティングよりも長い35年で、これは業界最長のフロアコーティングです。

美観も保てるため、資産価値も下がりにくいというメリットもあります。

フロアコーティングをした仕上がりは上品な艶と落ち着いた雰囲気になります。
 

③UVコーティング(グッドライフコート光)

グッドライフコート光の写真

UVコーティングはフロアコーティングの中でも最も一般的な種類です。

紫外線(UV)照射をして瞬時に塗膜を形成するので施工後即入居できるのが最大の特徴です。

加えて耐久性(30年)にも優れているので、UVコーティングは忙しい方、急な引っ越しをする方におすすめします。

UVコーティングは強い光沢が特徴のフロアコーティングですが、フロアコーティングの種類の中でも唯一塩素系の薬品にも耐性があります。

仮にハイターなどの塩素系洗剤をこぼしてしまってもフローリングのコーティングが溶ける心配がありません。
 

④シリコンコーティング(グッドライフコート松)

グッドライフコート松の写真

シリコンコーティングも光沢が出だせるフロアコーティングの種類です。

耐久性は他のフロアコーティングの種類に比べれば短いものの、滑りにくいという特徴を持っており、高齢の方、子供、ペットが滑ってケガをしにくく安心です。

さらに防汚性と撥油性があるコーティングです。

ですので、毎日の汚れにも強く、お掃除がしやすいというメリットがあります。
 

⑤ナノコーティング(グッドライフコート『ナノ』)

グッドライフコート『ナノ』の写真

ナノコーティングとは、安価な水性のフロアコーティングの種類です。

ワックスがけと同等の光沢がでるので、明るい色のフローリングや、木の雰囲気を残したいフローリングにおすすめです。

また、水拭きができるので清潔に保てますが、耐久性は他のフロアコーティングの種類には劣ってしまいます。

種類 ガラスコーティング ハードガラスコーティング UVコーティング シリコンコーティング ナノコーティング
耐久性(年数) 30年 35年 20年 20年 10年
光沢 強め 控えめ あり あり 半艶
薬品耐性
滑りにくさ
防染性
耐傷性
UVカット
ペット対応
ウイルス対策 ×
抗菌性 ×
消臭効果 ×
乾燥期間 1~2日 即入居OK 1日 2日 半日

 
 

まとめ

今回はフロアコーティングの施工タイミングや種類についてご紹介しました。

フロアコーティングはフローリングを傷から守るほか、衛生的にもおすすめです。

ただし種類によっては2~3日乾燥の時間が必要であるため、家具搬入前に済ませる必要があります。

ペットがいるのか、どんな仕上がりにしたいかでフロアコーティングの種類を選んで、快適な住宅生活を送りましょう。
 
フロアコーティングを申し込む前に確認すべきポイントはこちらから

0120075707 0120075707