【業界初!ナノ銀配合フロアコーティング】 創業27年グッドライフ 東京,横浜,大阪,福岡にショールーム完備

FB インスタ
0120075707
お問い合わせ

施工実績

エコカラットに悩んでる方必見!柄・色毎に解説します。~グランクォーツ、陶連子編~

2021年04月13日

本日の施工 エコカラットに悩んでる方必見!柄・色毎に解説します。~グランクォーツ、陶連子編~

エコカラットプラス にて施工

LIXIL エコカラットプラスの機能については以前触れたように大きく分けて、☑調湿 ☑消臭 ☑美観 といった機能があります。

特にこの美観という点で、エコカラットプラスを施工することは決めたけどどんな柄が我が家には合うんだろう…?と、どれを選べば良いのかが悩むポイントになると思います。

そこで【エコカラット 色 柄 選ぶポイント】といった検索ワードで調べているであろうお客様に向けてご紹介させていただきます!

今回はグランクォーツ陶連子(とうれんじ)の2種類をご紹介いたします。

グランクォーツ

クォーツサイトの荒々しい石模様を活かした、迫力のあるデザインが特徴です。

ライトグレー/ベージュ/ダークグレーの3色展開です。

グランクォーツは約60㎝×30㎝の長方形のエコカラットプラスです。厚さは7㎜の1種類です。石の模様がはっきりとしており、壁面を印象的に彩ります。

グランクォーツまた最近追加されたエコカラットプラスで、人とかぶりにくく個性を出すことができます。

ライトグレーはライトグレー系のワントーンカラーで石目調のフローリングや家具を揃えることで大人な雰囲気のお部屋になります。生活感のある小物類は棚にしまって見えないようにすることでショールームのようなシックなお部屋にすることができます。

ベージュはグランクォーツシリーズの中では優し気な印象のカラーです。ライトグレーやダークグレーはクールな雰囲気ですが、ベージュは温かい雰囲気になるのでインテリアは温かい雰囲気で揃えたい場合はベージュがオススメです。ホワイト系のアンティーク風家具や無垢の木の家具もよく合います。

ダークグレーはラフクォーツにも同じ色がありますが、グランクォーツの方が模様がはっきりと出ておりラフクォーツよりも迫力のある印象的な壁になります。ニッチのような小さな場所や廊下のような近くで見る場所よりもリビングのように広めの空間で全体がしっかり見える場所に貼るのがオススメです。

陶連子(とうれんじ)

日本の建築に古くから用いられてきた「縦格子」をモチーフとしたデザインです。

生成り色/香色(こういろ:黄みがかった明るい灰黄赤色)/灰色の3色展開です。

陶連子は約20㎝×2.4㎝のサイズのエコカラットプラスです。厚さは7㎜と9.5㎜の2種類あります。色の名前や縦格子がモチーフとされていることから連想されるように和室や和モダンなお部屋にもよく合います。

陶連子は2021年4月1日から追加された新しいエコカラットプラスです。縦に長いデザインなので天井を高く見せる効果があります。表面には石目柄だけでなく凹凸があるのでナチュラルな印象です。

焼き物を忠実に再現するために特有の色むらや小さな斑点模様があります。

生成り色は真っ白ではないのと広い範囲に貼ると縦格子のように縦模様がよりはっきり見えるので、色はホワイト系でも印象的な壁面にする事が出来ます。フローリングはホワイト系~ライトブラウン~ダークブラウンのどの色にも合わせやすいです。

香色は畳や障子のある子上がりの明るい和室に合うカラーです。障子の木枠や梁の色味とも合わせやすく、和室に合わせても主張が強すぎず馴染むので使いやすいです。茶色と白だけだとくすんだ印象になってしまう場合は観葉植物を置くと爽やかになります。

灰色はクールな印象にしたい場合ぴったりの色です。和室に合わせると渋いお部屋にすることができます。洋室に合わせる場合は床の色を調和のとれる黄みのないホワイト系にすることが重要です。小さ目のお部屋の場合は前面に貼ると圧迫感が出てしまうので1面だけにすると良いでしょう。また、家具も全体的にモノトーンで揃えることでスタイリッシュな部屋にすることができます。

 

実物を見ると受ける印象も変わりますので、カタログを見ただけで決めるのではなくショールームなどに足を運んでご自身で確認してみてください!

グッドライフでは様々な種類のエコカラットを壁に貼っています。貼っていないものでも実際のエコカラットが貼られた大きなカタログをご用意しています。

ショールームは予約制です。ご興味のある方は是非お気軽にお問い合わせくださいませ!

0120075707 0120075707