【業界初!ナノ銀配合フロアコーティング】 創業31年グッドライフ 東京,横浜,大阪,福岡にショールーム完備

YouTube Twitter インスタ 
TEL問合せ
お問い合わせ

コラム

フロアコーティングは必要?不要?

フロアコーティングの必要性

新築を買った方が書き込む口コミサイトを見ると、フロアコーティングは必要?不要?という話題が良く出てきます。実際どっちの声が正しいのか悩んでしまいますよね。

インテリアオプションの専門店の意見としては『必須ではないが、やった方が良い』です。家に住み始めてからのライフスタイルや価値観によって、感じるメリットは変わってきます。必要だと感じればフロアコーティングをやった方が良いし、メリットを感じられなければやらなくても良いと思います。

フロアコーティングは必要だと思う人の意見
①掃除が楽になった
②傷が付きにくい
③仕上がりが綺麗

フロアコーティングは不要だと思う人の意見
①シートフローリングに同じ効果がある
②フロアコーティングをしても傷が付いた
③仕上がりが良くなかった

それぞれを比較しながら見ていきましょう。

①掃除が楽になる/シートフローリングに同じ効果がある

フロアコーティング否定派の声で一番多いのが、シートフローリングには必要がないという意見です。
シートフローリングの表面はプラスチック樹脂の一種であるオレフィンシートで出来ている為、汚れが染み込まなくなっています。

つまりシートフローリングは掃除をすれば汚れが落ちます。これがシートフローリングにフロアコーティングと同じ効果があると思われている理由です。
これを聞くとフロアコーティングをしなくても綺麗な状態を保てると思いますよね。

 

でも待って下さい!

フロアコーティングの良い所は、掃除が楽になる事です。皆さんはフローリングの掃除はどのように行っていますか?掃除機をかけて、汚れや油脂が目立てば雑巾などでゴシゴシとこすって、乾拭きで仕上げる、という方が多いと思います。

一方、フロアコーティングをした床は汚れそのものが付きにくくなるので、掃除機をかけて、汚れや油脂が目立つところがあれば、クイックルワイパーをかけるだけでお掃除が終わります。掃除の大変さは掃除をする人にしか分からない苦労です。

家事をしない人や住宅系の営業の方の意見でシートフローリングにフロアコーティングは必要ないという意見もありますが、普段から掃除をしない人にはメリットは伝わりづらいかもしれません。


マンションの購入に合わせてフロアコーティングをしました。
当時はまだ子どもが小さく、その後大きくなるにつれ、子どもの落書きなどで床に書いたりはみ出たりしましたが、床に染み込むこともなく、雑巾でひと拭きです。本当にして良かったです。
お友達が遊びに来た時の言葉が今でも忘れられません。「なんでこんなに綺麗なの!うちの床は引きずり跡だらけよ。」後日、お友達の家に遊びに行ったのですが、スリッパの跡などで真っ白でした。

フロアコーティング後のお掃除方法はコチラから↓


ガラスコーティング

②傷が付きにくい/フロアコーティングをしても傷が付いた

フロアコーティングの説明で、高硬度の塗膜なので傷が付かなくなります。と言うのは嘘です。こういった説明をされる業者がいるのはとても残念です。
どんなに硬い物でも、それ以上の力が加われば傷が付くのは当たり前です。

フロアコーティングを施工した床は傷が付かないではなく、付きにくいです。過度の説明を受けると、説明と違うと怒るのは当然です。
傷の付きにくさは何もしていないフローリングと、フロアコーティングをした床を比べてみれば、良さが良く分かります。


フロアコーティングをして3年経ちます。
フローリングが光るのが嫌で、そこまで光らないコーティングにしました。クローゼットの中は見えないのでコーティングをしませんでしたが、比べてみると、汚れ、傷のつき方が全然違くて正直びっくりしました。コーティングがしてあるところは汚れも雑巾がけで取れますが、クローゼットの中は雑巾で力をいれて拭いても汚れはとれず諦めました。
クローゼットの中にアイロン台や掃除機をしまっているのですが、転がしたり引きずった傷が沢山ついています。せっかくならクローゼットの中もコーティングをすればよかったです。


UVコーティング

③仕上がりが綺麗/仕上がりが良くなかった

仕上がりが良くなかったという意見は大変残念なコメントです。フロアコーティングを施工する業者は近年増えてきました。フロアコーティングの施工は2年以上の下積みをして初めて現場を任せられる人が育つ世界です。

しかし、フランチャイズ経営などでは、本部研修3か月で研修が終わる業者もあります。フロアコーティングの施工はフローリングの種類・気温・湿度等によって現場判断がとても重要になってきます。

たとえば床材の判断であれば、無垢のフローリングは木材が液剤を吸い込むので、シートフローリングより多めの塗料を塗らないといけません。気温・湿度であればプライマーを塗った後の乾燥時間は触った感覚で上塗りをしてよいか判断をしなければいけません。

フローリングの種類に合った量を塗らなければムラになりますし、乾燥時間が短ければ密着不良がおこってしまいます。これらの複合的な判断が出来るような人材が育つようになるのは時間が掛かります。

フロアコーティングはお試しでできるものではないので、価格だけではなく、安心して頼める業者かを基準に判断して下さい。

フロアコーティングが必要不要を判断するときは、やって良かったか悪かったかを参考にしてください。買ったものの良さは買った人にしかわからないところもありますので、施工をしなかった人が必要ないと言っても、あまり参考にはなりません。


以前新築マンションに入居した際、フローリングにガラスコーティングをしました。
犬を飼っていたのですが、犬友の方が遊びに来た時、「犬を飼っているのにすごいフローリングが綺麗だね」といわれました。その時は、それが普通だと思っていましたが、その後賃貸マンションに住んだ際に、フローリングの引っ掻きキズがすごく目立ちました。賃貸マンションだからフローリングが安物なのかと思いましたが、犬友の家のフローリングもキズが目立ちました。改めてフロアコーティングの価値を実感しました。


まとめ

フロアコーティングはこんな方にお勧め
・楽に掃除をしたい
・綺麗にものを使いたい
・一つの物を長く使いたい
・ペットやお子さんと暮らしている

フロアコーティングが必要ない方
・毎日の掃除が苦ではない
・床が傷付いても気にしない
・ダメになったら張り替えれば良い

同じコーティングで思い浮かべるカーコーティングも車を持っている方全員がやっているわけではないですよね。車を大切にしている方が車を綺麗に維持しようとカーコーティングをしています。フロアコーティングもカーコーティングと同じで、お家を綺麗に維持したい方が施工をすれば良い商品です。