【業界初!ナノ銀配合フロアコーティング】 創業27年グッドライフ 東京,横浜,大阪,福岡にショールーム完備

FB インスタ Tポイント
0120075707
お問い合わせ

コラム

インテリアオプション販売会で油性コーティングが売られない理由

前回のコラムで水性コーティングと油性コーティングはどちらが良いかをご紹介しました。今回は、水性コーティングより油性コーティングの方が優れているのに、インテリアオプション販売会で販売されない理由をご紹介いたします。

前回のコラムはこちら↓
フロアコーティング、水性と油性どっちが良い

インテリアオプション販売会で扱っているフロアコーティングは水性コーティングとなっていますよね。水性があるということは、もちろんフロアコーティングには油性もあります。実際少し前まではインテリアオプション販売会でも油性コーティングが売られていました。何故インテリアオプション販売会でのフロアコーティングは水性だけになってしまったのでしょう。

『新築なのに傷がある』
新築物件と聞くとまずイメージするのは傷一つなく未使用の綺麗な内装をイメージすると思います。未使用は正しい内容ですが、傷一つないは間違っています。※特にフローリングにおいては。
室内の内装を仕上げる時、最初に取り掛かるのは床。フローリングから張っていきます。キッチン、トイレ、洗面台を見てみればわかりますが、フローリングの上に乗っていますよね。そうです、フローリングを貼った後から他の内装を仕上げていきます。もちろんフローリングが傷つかないように養生をしますが、重たい設備を運ぶ時うっかり傷付けてしまうこともあります。ここで問題なのが、フローリングは一部貼替が出来ないということです。フローリングはサネという部分で重なっていて、傷ついた1枚だけを交換することが出来ないのです。もし一部に傷が付いてしまった場合、マンション施工会社はフローリングの全面張替などせず、補修で傷が無かったように仕上げてきます。(傷をパテで埋めて表面に木目を書いていきます)

『油性コーティングの施工には有機溶剤を使う』
油性コーティングは長い耐久性を持たせるため、有機溶剤(シンナーやアセトン等)を使います。この有機溶剤はなんと補修で仕上げた木目の色を落としてしまいます。つまり、ここは「補修していますよ」ということがハッキリとわかってしまいます。マンションを買った人は「傷一つない」と思っているので、デベロッパーに交換して下さいと要求したくなりますよね。但し、先程説明したようにフローリングは一部張替が出来ない為、繋がっている部分すべてを交換しなければならなくなります。デベロッパー側からしてみれば、油性のフロアコーティングをしなければ気づかれないものが、気づかれてしまう羽目になってしまいます。こんなリスクを負うくらいなら有機溶剤を使用しない水性コーティングのみにしようという結論からインテリアオプション販売会で油性コーティングがなくなってしまいました。良い商品なにに自分たちのミスがばれるという理由で紹介しなくなったのは残念です。

『外部のフロアコーティング専門店で油性コーティングを頼んでも大丈夫?』
フロアコーティング専門店で油性コーティングを施工しても補修の後は出てきます。これは良かったと思って下さい。デベロッパーがお客様にばれないように補修仕上げで床の木目を書いたものは長持ちしません。普通に生活していても半年、一年後には色が落ちてきて補修してあることがハッキリわかるようになります。半年、一年後にデベロッパーに補修の事を言っても、納得して引き渡しを受けていますよねと言われて終わりです。引渡し直後に補修が発覚する場合と、半年、一年後に補修が発覚する場合ではデベロッパーの対応も変わってきます。早期発見することによって、ご納得いく仕上がりをデベロッパーに求めることが出来ます。

ちなみにフローリングの寿命は10年~15年と言われていますが、10年~15年で張り替える人はほとんどいませんよね。油性のフロアコーティングは長期にわたって傷、汚れからフローリングを守ってくれます。

0120075707 0120075707